神楽ひかるのだらだら日記

3つのブログを統一!占いや読書や雑多なブログに戻りました!

初めてのタロットカードやオラクルカードの賢い選び方のアドバイス!

実はまじめなかぐりん(@kagurahikaru)です!

 

占いは3種類あります!
ト術!
命術!
相術!
と、
ト術をメイン占術として選びカード系の占いを始めよう!
と、
思った方が読む記事です!

 カード系の占い!
僕が使うのはタロットカードですね!
それと、
オラクルカード。
いちおう、
トランプも使えますがほぼほぼタロットでまかなってます。
と、
言うか、
タロットのメソッドそのまんまをトランプで代用応用してる感じで、
オリジナルのトランプ占いはできません。
と、
言うか研究中ですね。

 

最近またチカラを発揮してきたのがルノルマンカードです。
詳しくないんで間違ってたらすいませんが、
ルノルマンって人が作ったカード占いと思ってましたが、
どうやら作成者不明のカードのようですね。
ルノルマンが使ってたカードなのかもわかってない感じですね。
オラクルカードの一種かと思ってましたが、
タロットとトランプの中間の位置づけかな?
タロットの、
連鎖読みやスプレッドの練習の一環として覚えるのはありかも。
ルノルマン一本でいくくらいなら、
タロットをきちんと覚えた方が僕はいいと思いますね。

 

ちなみに、
タロットと、
オラクルカードと、
トランプと、
ルノルマンカードの違いは?
めんどくさいんで(笑)はしょって書くと、
タロットは少なくて22枚、フルセットで78枚のカードからなり、
正位置逆位置などの読み方も含めると最低でも44パターンから、
156パターンの意味を使い占います。
個人的には覚えるって考えるとその10倍は必要かな?
1560!
頭の回転が良くないと解釈が難しいのですが、
練習でどうにかなるので大丈夫!

 

オラクルカードは占える応用範囲が狭く、
その都度、
カードを使い分けて占わないと厳しいかな?
と、
思ってます。
和尚禅タロットというオラクルカードが例外的ですが、
使い分けないと厳しいかなと思いますね。
占いはシンプルになればなるほど、
実践的ではなくなり、
深みがなくなっていくとアドバイスできる範囲も狭まってしまうのでオススメしません。
タロットでも複雑なんですが、
周易なんかはもっと複雑な感じがして頭が痛いです!
オラクルもどれだけの種類のカードを使うかによって覚えることが多くて嫌になるかもですが、
基本的にはシンプルで、
慣れれば使えます!
オラクルカードから始めてタロットへ移行するのもありかと思います。

 

ルノルマンカードについては、
本場でも研究がまだそれほど進んでいないので日本で独学し、
実践で使おうと思うと難しいのではないかと考えます。
そもそも
トランプもきちんと情報が入ってきてないのに、
ルノルマンでって考えるのが厳しいかも。
研究したいのならルノルマンおもしろいと思うけど、
実践していくと考えると厳しいかな?
ちなみに、
そう思うのは僕が思考型だからかもしれません。
直感型や感情型の方ならありなのかな?

 

深み、
幅の広さ、
知名度から見てもカードならタロットカードをオススメいたす!
そんな中でよく聞くのが、
「ウエイト版」とか「ライダー版」というのが初心者向けだよ!
と、
書いてて面倒なんで説明いたす!
アーサー・E・ウエイトって人が作ったから「ウエイト版」
ライダー社ってところが出版してたんで「ライダー版」と呼ばれてます!
敬意を表して「ウエイト」版で通しますね!

 

「ウエイト版」というのが初心者向けだよ!
と、
言う言葉。
それはいいんですけど、
何をもって初心者向けとなっているのか知らずに初心者が使ってて、
なおかつ使えてないこと!

 

きちんと使えてる人いません。
月に1回はどこかで誰かに占ってもらってますが、
使えてるって感じた人はほとんどいません。
みなさん、
お得意の「霊感」とか「直観」で占ってるので、
そういう使い方をしてるならウエイト版でなくてもいいんですよね。
学問というか、
きちんとした使い方がありメソッドがあるのがウエイト版で、
そのメソッドが割と簡単な部類なのがウエイト版なのです!
印象としては、
O先生に直々にカモワン版を習いましたが、
カモワン版の方がちゃんとしたメソッドあったんで、
むしろ、
初心者から学ぶのだったらカモワンの方が当時は良かったと思います。
今は、
日本におけるカモワンの位置づけがよくわからなので何とも言えないのが現状ですね。

 

他にも、
マルセイユがどうのこうのとか、
トートがどうのこうのとかありますが、
どういう風に習いたいのか学びたいのかですね。
やっぱり、
シンボルから入る方が僕はいいと思います。
シンボルから入ると、
直感も磨けるし解釈に幅が持てるので応用がきいて良いと思うのです。
シンボル覚えてしまえばフラッシュカードで意味も簡単に覚えられるしね!
そういう意味でも、
ウエイト版は理解しなければならないことが少ないので、
初心者からオススメできます!
吉凶を観たいの?
事象を当てたいの?
心理を探りたいの?
タロットをどう使うかでどんなカードを扱うか!
まずはそこからなんです!

 

プリンティングに使う初めのカード、それはウエイト版がオススメ!
なぜに、
カモワン版はダメかって?
カモワン版はカモワン版以外のカードに応用ができなくて、
カモワンに限定されてしまうのが弱点でもあるんです!

 

応用範囲が広くって、
覚えることが少なく、
手に入りやすいカードっていう点からオススメはウエイト版なのです!
おわかり?

 

よかったら読者になってください!

 

今日の運勢や日常を取り扱ってるのがだらだら日記です!

タロットカード数秘術の解説などしていくのがタロット&オラクルです!

読んだ本の感想やレビューを載っけてるのが雑読ファイルです!