神楽ひかるのお部屋。

3つのブログを統一!占いや読書や雑多なブログに戻りました!

文庫版帯をギュッとね!5巻は必殺DSAが炸裂する神回のあるやつ!

ドライバーショットアシバライ笑かぐりん(@kagurahikaru)です。  

daradara.kagura.click

「永田」x「宮崎茂」は「永田」の新必殺技飛び込み内またで一本!
5巻で「斉藤浩司」x「永田」でごわす!
って、
ところで終わって「杉薫」が「永田」に惚れてる!
いい趣味してる「杉薫」にニヤニヤする!

 浜名湖高校1のテクニシャン「斉藤浩司」は、
「永田」のお株を奪う飛び込み内股で一本!
帯ギュの試合は長くないけど熱が籠ってて好きや!
で、
お次は「斉藤浩司」vs「堀内平八郎」です!
って、
やっぱりテクニックにはパワーですよねー。
「幕ノ内一歩」vs「宮田一郎」みたいなもんだ!
と、
言いたかったのにテクニックじゃない「堀内平八郎」のボクシングのフットワークを柔道に使うって!
「堀内平八郎」が消えていく理由はここだったな。


なんだかんだで、
「堀内平八郎」vs「粉川巧」なんですが、
試合前の柔軟中にズボンの股が裂けるというアクシデント!
つか、
柔道着って破れるものなの?かなり厚くなかった?
「粉川巧」が人笑い作ってから試合開始って気合入らんわ!

試合はここ「粉川巧」vs「堀内平八郎」で、
テクニックvsパワーの図式!
「粉川巧」の負傷を挟んで同じ幼馴染の「近藤保奈美」が珍しく「勝って!」
と、
「粉川巧」に願いを託す!
最後は「粉川巧」のすくい投げで一本!
ちなみに、
これちょいちょい言いますが、
「粉川巧」は背負いの名手なのに意外に「背負い」で勝たない!
柔道って、
「柔ちゃん」のイメージがあって得意技で常に戦うもののイメージがあるんで意外なんですよね。

激戦を制し、
雑魚「原田」vs「粉川巧」は「粉川巧」の一本負け!
必殺DSAに一本取られる「粉川巧」ですが、
「杉清修」が「原田」を負かして決勝戦へ!


もちろん、
対戦相手は「藤田恵」率いる三工ですよ!
で、
佐鳴高校も暁泉高校も浜名湖高校と一緒に騒ぐ!
いつも、
はしゃいでいるのが浜名湖高校のイメージ!
つか、
はしゃぎすぎてちょっと「杉清修」と「海老塚桜子」がもめる?
それをバネに?
「杉清修」が頑張っちゃう!
なにしろ、
三工相手に一本勝ちと引き分け!
で、
「斉藤浩司」も頑張って一本と引き分け!
おー?
三工の「藤田恵」は「三溝幸弘」と「宮崎茂」と「粉川巧」を倒さなければならない!
つか、
「三溝幸弘」は秒殺!
で、
「宮崎茂」は反則スレスレの時間稼ぎするだけで精一杯で一本負け。
で、
大将「粉川巧」が満を持して登場!
流れは対等で、
技あり1つづつ、
もう、
残り15秒ってところで何かを確信した「粉川巧」は一本勝ち!
何を確信したんでしょう?
気になるけど何も描かれてないのよね。。。


外伝!
三工の大将「来留間」先輩の柔道を始める前の話があるけど、
なんでこれなんでしょう?
本編とほとんど関係ないしね。


全国大会初出場の浜名湖高校でしたが、
あっさり、
沖縄の尚北に負ける。
しかも、
「粉川巧」がやった「玉城一史」は無差別級の個人を制覇した実力を持った相手でした。
しばらく、
「粉川巧」のライバルになる男!
ここからが、
「粉川巧の打倒玉城一史」編に突入なんです!
で、
気分転換も含めて浜名湖高校は原宿で遊ぶ!
当時は、
男でクレープ食べてるのいなかったのか?
って、
25年前でしょう?
おいらが14歳かぁ。。。
居たよね?そういう男子!

 

良かったら読者になってください!

読んでくださいましてありがとうございます!