神楽ひかるのお部屋。

毎日の運勢やタロットカードやオラクルカードの説明や、ちまたで話題になってる有名人を占ってる記事もあり!読書やふくろうカフェについても好きなんで書く!つまり占い師「神楽ひかる」の雑記です!

業界の在り方って大事よねと思う帯をギュッとね!の15巻の感想です!

その業界を考えられるかどうかですよね。かぐりん(@kagurahikaru)です。    

daradara.kagura.clickさて15巻は女子の全国大会から!
って、
「ふっちん」再び!
よいねよいね、反則スレスレの手を使っても勝ってやるって凄いね!
で、
「薩川佐代子」相手に「ふっちん」は、
スースーする成分の入ってるクリームを塗って目がしパしパするように頑張るみたい!
って、
反則スレスレじゃなくて反則やん!
と、
思いつつも失敗したらいいか。

 一方、
男子の方は「藤田恵」が頑張ってるです!
決勝は千駄谷学園の「橘大樹」ですよ!
なんか、
互角に見えてやっぱり体格差あるゆえに、
押されていく「藤田恵」
必殺の小内巻き込みを繰り出すも真っ向から返されて大外で一本負け!
強すぎるな「橘大樹」


さて、
次の日の団体戦
と、
なると思いきや初日の夜。
「藤田恵」と「海老塚桜子」がエンカウント!?
つか、
「藤田恵」が「海老塚桜子」の名前を知らなかったことにびっくり!
気にしないタイプか「藤田恵」
で、
「橘大樹」の弱点を浜名湖高校に伝授する!
って、
次の日になって試合開始!
弱点気になる!

 


浜名湖高校も楽勝。
千駄谷学園も楽勝。
お互いのコーチが昔のライバルだったみたいで、
柔道界の現状なんかを話し合ってたみたいやね。
それぞれのコーチの主張が、
そのまま部員に反映されてるみたいでコーチたちの代理戦争みたいな雰囲気もある。
で、
準々決勝の相手があの竹ノ塚ですよ!
びっくりや!
って、
対「粉川巧」よう兵器「テナーゼ戦法」に苦戦なう!
でも、
裏技使って「粉川巧」勝利をもぎ取るけどそれを「鳶島雅隆」にみられる。
引き続き「粉川巧」が勝ち続け大将戦は竹ノ塚の「奥野」戦開始!
って、
同じく「テナーゼ戦法」で苦戦なう!
でも、
あくまで背負いでテナーゼ戦法寄せ付けず「粉川巧」まさかの5人抜きで準決勝に!
で、
準決勝もあっさり勝って決勝へ!
決勝は、
最終16巻へ!


「藤田恵」の「橘大樹」の弱点は有効な情報なのか!?
「粉川巧」はきちんと背負いで勝つのか!?
また、
寝技だったりして!

お楽しみは16巻!

 

良かったら読者になってください!

読んでくださいましてありがとうございます!