神楽ひかるのお部屋。

毎日の運勢やタロットカードやオラクルカードの説明や、ちまたで話題になってる有名人を占ってる記事もあり!読書やふくろうカフェについても好きなんで書く!つまり占い師「神楽ひかる」の雑記です!

激しく共感する占い師かぐりん!アオイホノオの18巻の感想です!

失敗談は書きたくないかぐりん(@kagurahikaru)です。  

 

そう言いつつ、
そこまで激しい共感はない!
と、
ギャバン見てた記憶がある。。。
話題作だったんだぁー。
って、
小学生だった?幼稚園生だった?


雁屋さんから送られてきた原作を読む!
つか、
38ページまでのこれって実際のマンガではないの?
今のホノオ君の画力で描いたもの?
昔のは違うの?
って、
中盤ででてくるやつがそれ?
つか、
編集者が原作者に見せられないってほどのものなのか!
でもさ、
原作でしょう?
原作をどうアレンジし、
原作をどう自分のものにするかってのが漫画家でしょう?
いいんじゃない?
世間的にはダメなのか?

さらに後半。
メカニックデザイン出渕裕さんとも会うホノオ君!
似たような失敗は誰にでもあるさ。

と、
矢野健太郎さんって、
色々書いてたのね。

 こっからは実話?
メカニックデザイン出渕裕さんとも会うホノオ君の大失敗!
笑える?
のちのち30年もこのネタは使われていくそうですが、
かぐりんの場合ですか?
某有名占い師さんがいらっしゃって、
当時はまだまだひよっこ占い師だったかぐりん。
しかも、
神楽って名前全開でやってたのよね。
知ってるでしょう?
超大御所様が神楽坂に事務所構えてるの。
色々あって、
会う機会があったというかなんというか・・・。
当時のかぐりんはその人を知らなかったのね。。。
無礼しまくったわ。
と、
これ以上は書けない笑

想像にお任せする!

 


ゴーストライターというと聞こえが悪いか?
下書き書いてました。
マンガでいうところのネームを書く人?
そういうのあるんですよ。
意外に、
チームで書いてることも多々ある。
ただ、
チームで書いてるか、
単独で書いてるかを公表してるか隠してるかだね。
~研究所が書いてますって場合は単純にチームやん?
「神楽ひかる」が書いてます!
と、
明記してあるけど、
実際は、
チームで書いてる場合がある!
良いか悪いかは別にしてそういうのあります!

下書きなしな場合もあったし、
下書きあった時もあるんですが、
自分の名前で連載を書いてた時期もあります。
「神楽ひかる」でね。
チームではなく単体で!
意外でしょう?
もうね、
ホノオ君のごとく、
すいませんの嵐ですよ!
先輩占い師さん本当にすいません!
すいません!
すいません!!
すいません!!!
と、
苦手です文章を書くの!

占いの記事って読んだことありますか?
独特の雰囲気を醸し出しながら書かないといけません。
それができなくって、
自分の文章で書いてましたよ。
一部ではそれが受けてたみたいで、
割とそこからの流出で鑑定になったパターンけっこうありましたが、
占いライター、
執筆家としての占い師の仕事としてはアカンやつでしたね。
むかしむかしの懐かしい話ですなぁー。
もう、
原稿なんてしばらく書いてないから書けないだろうなぁー。
そんな機会もあるまい。

 

良かったら読者になってください!

読んでくださいましてありがとうございます!