かぐりんの趣味のお部屋。

かぐりんこと占い師「神楽ひかる」の趣味である食べ歩きやJAZZやレオパなどのことをつらつら書くブログ。

レモンフロスト問題に沸いてたらしい東京レプタイルズワールドレポート

かぐりん(@kagurahikaru)は次はカメレオンを狙いたい!

 

12月2日に開催されてた東京レプタイルズワールド!
8月に開催されてたのを見に行ったきっかけで爬虫類に興味を持ち、
勉強と称して秘密のレプタイルズを読んで、
8月に開催されたブラックアウトでレオパードゲッコーをお迎えするのでした。

 


並んでて、
めんどくさくて入らなかった!
みたいな声を聞いたけど確かに並んだね。
でも、
ラーメンに比べれば屁でもない。
30分くらい並んだかな当日券。


かぐりんの中での入門種らしい、
レオパードゲッコーや、
コーンスネークとボールパイソンに、
フトアゴ以外で、
レプタイルズボックスで飼える生体をお迎えしたい!
と、
言う無理難題。
ちょっとこたつを増設して高さを作れば壁チョロも行けるかな?


言うても、
ニシアフ、
クレステッドゲッコー
ソメワケササクレヤモリ辺りを狙ってました。
気になったのは、
緑色の壁チョロ系のヤモリで良いのがいたんですが、
カメレオンを飼うときに同時に飼いたい!
それはつまり引っ越した後!
と、
言うことで結局はソメワケササクラヤモリの「あずき」をお迎え!
今回もエンドレスゾーンさん!
聞くと、
基本はレオパな感じでOK!
と、
言うことで、
本当に重要な注意点だけを聞いてきてお迎え!

 各所で話題になってたらしいレモンフロスト問題!
レオパードゲッコーの種類って言えばいいかな?
それを「モルフ」って言います。
うちのよつばちゃんはスーパーハイポタンジェリンっていうモルフ。
うちのぱんだちゃんはハイスペックルマックスノーっていうモルフ。
モルフによっての大きな違いもありますが、
さらに、
個体差ってのもあります!


モルフ違いで言えば、
目が見えにくいので生餌で給餌すると食べずらいよ!
などといった差があります。
個体差で言えば、
同じスーパーハイポタンジェリンでもこの子は30℃で元気に育ちますが、
この子は28℃で元気に育ちますよ!
と、
いったもの。
モルフは日本人とか欧米人とか人種的な違いがイメージしやすいかな?
個体差は北海道の人と沖縄の人くらいの違いかな?
実際、
うちのよつばは30℃で元気!
ぱんだは28℃で元気です!
こういうのは良くある。
人間でもそうでしょう?
で、
レモンフロストって言うモルフがいるのですが、
これらは「腫瘍」ができやすい!
できやすいというか95%できるんだって!
それを、
店員さんが説明してくれなかったと主張してる人がいたらしい。


ここまできたかぐりん論で言えば、
入門者はやっぱりペットショップに行って、
相性の良い店員さんを探すところからはじめたら良い。
じっくり話して交流して、
入門者から初心者レベルになったらそのお店で迎えたほうが良いと思う。
きっと、
イベントってのはその「交流」とか「説明」を省くことによって値段を安くできるシステムなんだ!
と、
思い込んだほうが良い。
コミュ障なら仕方なしに交流なしでペットショップで買えば良いし、
イベントで買えば良い。
ただし自己責任。


初めてレオパを買うときは何種類かの本を読み、
ネットで調べ、
ペットショップに足を運んでじっくり選んでからイベントでお迎え。
それが普通だと思ってた。


ショップだろうが、
イベントだろうが、
飼いたい!
と、
思った生体のことをちゃんと店員さんに聞けない人は飼う資格なしと思います。
ちゃんと、
聞いたのに答えてくれない、
隠されたというのならそれも「あなた」のせい!
見抜けなかったのが悪い。
店員さんを見抜く目は必要だと思う。
これ、
生体だけでなく他のブランド品だって、
洋服だって、
雑貨だって、
占いだってそう!
最低限の知識を持ちましょう!
もっと、
お高い30万とか100万とかするものだったらもっと調べるでしょう?
それと同じ。
買い物が下手ってだけ!
もっと調べて納得してから買えば良いだけのこと。
誰かのせいにしてる時点でレベルが低い。


ちなみに、
あえて今回のソメワケササクレヤモリについては、
温度と湿度とケージの大きさについてしか聞きませんでした!
ミステリーな部分を味わいたかったの!
なので、
噛み付いてくることとか、
ソメワケジャンプとか知りませんでした!
でも、
それが新鮮でおもしろい!


なんでもやってもらう事が当たり前になったらあかんで!
ペット飼う人がそんなんだったらペットがかわいそう。。。
ソメワケのこと、
その他の新情報はまたの機会に!

 

良かったら読者になってください!

 読んでくださいましてありがとうございます!